過酷で楽しく面白い介護現場

介護の仕事は大変だけどやりがいもある

介護職は仕事の割に給料が安いといわれています。仕事の内容は大変なのに、給料が安いので、ヘルパーの仕事についても離職するという人が多いです。ニュースにもなっています。

介護保険法が開始となる前は、福祉の仕事はサービスの種類も限られていて、訪問介護事業と、特別養護老人ホームや、老人保健施設等でした。

現在では、介護保険法が開始となって、サービス事業所が大変増えています。特に、通所介護事業所、短期入所生活介護の事業所が増えています。

事業所が増えているので、その事業所には介護職が必要です。介護員として、勤める人が必要なので、求人を事業所としては出します。離職している方がハローワークに行くと、介護の資格を取るようなことを進め、とった人は職があるので介護の仕事につきます。

でも介護の仕事は給料が安く、思ったよりもきつい、こんな仕事だと思っていなかったと、離職する人が多いのが実際です。

介護の仕事が好きで、その仕事に面白さを感じて頑張っている人もたくさんいます。給料は高いとは言えないけれど、では他の仕事であれば高いのかというと、そうも言えない場合も多いと思います。

介護の仕事をしていると、人と人が接して仕事をしているので、つらくてどうにもならないことも多くあります。
それでの、その大変さ以上の楽しさ等もあるという事が、現在介護の仕事を継続している人の気持ちです。介護の仕事だから大変なのではなく、仕事って、何でも大変だと思うんです。

簡単に考えて介護の仕事に就くので、大変だ。大変な割に給料安い、となると思うのです。真剣に仕事をすれば、大変でも楽しいことがたくさんあります。人生の勉強になっているといっても過言ではないと思っています。

といっても、待遇が良くないと、誰しもやっていられないって思うので、できれば給料がいいほうがいいなあって思います。介護の仕事はこれからの時代とても大事なので、給料アップすればいいなって思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sitemap