過酷で楽しく面白い介護現場

介護の仕事への覚悟が大事

介護の仕事は、低賃金で仕事がつらい、汚いという事の印象が強くあると思います。
介護職の離職率が高く、それでもこれからの高齢社会を迎えるにあって、介護職に就く人が足りないという事で介護職に従事する人をなんとかしようという社会的な動きがあります。現在すでに少ない状況となっています。

私からすると、そうやって必死になって介護職を増やそうとすることが返って、離職率を高くしているような感じがしています。というのは、ハローワークに行くと、介護の仕事なら仕事があるという事で、介護の資格を取るようにすすめ、だれでも介護の資格を足るようにさせているようです。

そうして、乗せられて介護の仕事に就いたはいいが、覚悟がないので、結局つらくってやめてしまうのではないかと思うのです。仕事がつらいのは、どの仕事でも一緒。介護の仕事だから特別つらいという事ではないです。ではほかの仕事と一緒であるかというと、そうではないと思うのです。

介護の仕事は人に接する仕事なので、楽しいこともたくさんありますが、つらいこともたくさんあります。対象となる方は高齢者のことが多いのですが、人生の先輩ですから、いろいろな事を教えてもらえるいいチャンスを得ることもできますが、ぎゃくに、つらい言葉を投げかけられるという事も少なくありません。そういったことをすべて受け止められて、楽しめることができれば、最高に楽しい仕事です。

給料が安いと言われますが、上を見ればきりがない。そりゃ、求人票をまとめてみたときに、介護職の求人票が、ほかのものと比べたときに、魅力を感じるものではないことを実感します。給料だけを考えればほかの仕事のほうが魅力ありますが、昔の話をリアルに聞くチャンスや、人と接することで得られることはたくさんあって、楽しい仕事です。介護よりもだいぶ待遇のいい看護師さんでも辞めたいと思うようですよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sitemap